コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津伊兵衛(初代) たかつ いへえ

2件 の用語解説(高津伊兵衛(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津伊兵衛(初代) たかつ-いへえ

1679-1729 江戸時代前期-中期の商人。
延宝7年生まれ。13歳のときから江戸の雑穀商ではたらく。元禄(げんろく)12年日本橋瀬戸物町で海産物の干物や鰹節(かつおぶし)をあつかう伊勢屋(のちのにんべん)をひらいた。享保(きょうほう)14年4月17日死去。51歳。伊勢(三重県)出身。幼名は伊之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高津伊兵衛(初代)

没年:享保14.4.17(1729.5.14)
生年:延宝7(1679)
江戸前・中期,江戸一番の鰹節商にんべんの創始者。伊勢四日市出身。幼名伊之助。13歳で江戸の雑穀商に奉公。21歳で塩干鰹節商を開業。日本橋瀬戸物町で〓伊勢屋伊兵衛を称し,土佐上節を選別仕入れし,現金掛値なしの斬新な商法で商勢を伸ばした。3代伊兵衛のとき,諸大名御用達を許される。7代伊兵衛は,天保年間(1830~44)に日本最初の商品券(〓の切手)を発行。平成期の伊兵衛は13代。<参考文献>竹山正憲『かつお節物語/にんべん280周年記念社史』

(宮下章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高津伊兵衛(初代)の関連キーワード江戸前行人偏人偏猫に鰹節べんべらベンベルグ千番に一番の兼ね合いにんべん/いとへん/かねへんごんべんにんべん

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone