コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大義覚迷録 たいぎかくめいろく Da-yi jue-mi-lu; Ta-i chüeh-mi-lu

3件 の用語解説(大義覚迷録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大義覚迷録
たいぎかくめいろく
Da-yi jue-mi-lu; Ta-i chüeh-mi-lu

中国,清朝第5代皇帝の雍正帝が,清朝の正統性を強調するため刊行頒布した書。雍正帝の勅選。4巻。雍正7 (1729) 年刊。清初の朱子学者呂留良の説く華夷思想 (漢民族はすぐれており,異民族は劣るという思想) の影響を受けた曾静が,排満のための挙兵を川陝総督岳鍾きに働きかけて捕えられた事件を契機とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいぎかくめいろく【大義覚迷録 Dà yì jué mí lù】

中国,清の雍正帝の勅命によって1729年(雍正7)刊行された書物。不分巻。雍正帝は,華夷の弁別に厳しかった朱熹(子),呂留良の思想に忠実であった曾静(1679‐1736)の謀反画策が発覚したのを契機に,漢民族のなかに満王朝の支配に反対する民族意識がなお根強く存在することを知った。そこで曾静を逮捕して訊問し,その主張に逐一論駁を加えて,みずからの支配の正当性を主張するとともに,この論駁の経過,それに関連する上諭,曾静の転向声明を併せて一書とし,思想教化の道具としたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大義覚迷録
たいぎかくめいろく

中国、清(しん)朝の雍正(ようせい)帝の命によって1729年11月に刊行された4巻の書。清朝の正統性を説き、かつ悪評の高かった雍正帝の即位の正当を強調したもの。呂留良(りょりゅうりょう)の排満論に共鳴した湖南省の曽静(そうせい)は、1728年秋、川陝(せんせん)総督岳鍾(がくしょうき)に挙兵を勧誘するも、逆に逮捕された。本書はこのときの尋問と曽の自供、帝の上諭(じょうゆ)などを収め、士人必読の書とされた。曽は初め無罪とされたが、35年乾隆(けんりゅう)帝は曽らを処刑し、本書を発禁処分とした。[三石善吉]
『小野川秀美「雍正帝と大義覚迷録」(『東洋史研究』16-4所収・1958・東洋史研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大義覚迷録の言及

【禁書】より

…その数は浙江省だけで538種,1万3862部にのぼる。その書目をみると,明・清交代期の歴史はほとんど湮滅(いんめつ)せられ,華夷思想に反論を加えるため雍正帝が編纂せしめた《大義覚迷録》すら禁書となっている。なお《水滸伝》《金瓶梅》《紅楼夢》等の小説は淫詞として一貫して禁止されていた。…

【雍正帝】より

… 対外的には特に積極策をとらなかったが,1724年(雍正2),青海とチベットの反乱を鎮圧して駐蔵大臣を派遣,27年にはロシアとの間にキャフタ条約を結んで国境を画定し,さらに29年にはジュンガルとの戦争に勝利するなど,版図の保持に努めた。その〈御製朋党論〉は官僚が朋党を組むことを禁じたものであり,《大義覚迷録》は,謀反をはかった曾静を訊問して清朝支配の正当性を主張したものであって,専制君主としての自信にあふれた著作である。【小野 和子】。…

※「大義覚迷録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大義覚迷録の関連キーワード乾隆帝古今図書集成二十四史雍正帝雍和宮勅免満洲源流考明史稿慶寧寺硃批諭旨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone