高津淄川(読み)たかつ しせん

  • 高津淄川 たかつ-しせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1785-1865 江戸時代後期の儒者。
天明5年7月生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)藩士。江戸で古賀精里にまなぶ。文化5年藩の蝦夷(えぞ)地出兵で樺太(からふと)にわたり「終北録」を,また対馬(つしま)で朝鮮通信使の応接にあたり「対州日記」をあらわす。藩校日新館でおしえ,藩主侍講をつとめた。慶応元年10月2日死去。81歳。本姓は佐藤。名は。字(あざな)は平甫。通称平蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android