コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津淄川 たかつ しせん

1件 の用語解説(高津淄川の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津淄川 たかつ-しせん

1785-1865 江戸時代後期の儒者。
天明5年7月生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。江戸で古賀精里にまなぶ。文化5年藩の蝦夷(えぞ)地出兵で樺太(からふと)にわたり「終北録」を,また対馬(つしま)で朝鮮通信使の応接にあたり「対州日記」をあらわす。藩校日新館でおしえ,藩主の侍講をつとめた。慶応元年10月2日死去。81歳。本姓は佐藤。名は泰。字(あざな)は平甫。通称は平蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高津淄川の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水安冨祖正元後藤伊左衛門大典会通経国大典

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone