コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏冠井令徳 かえでい りょうとく

美術人名辞典の解説

鶏冠井令徳

俳人。通称九郎右衛門。初名良徳、号陀隣子・梨子園。西武と共に貞徳愛弟子で貞徳の命により『崑山集』を編成する。延宝7年(1679)歿、91才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶏冠井令徳 かえでい-りょうとく

1589-1679 江戸時代前期の俳人。
天正(てんしょう)17年生まれ。京都の人。松永貞徳に入門し,正保(しょうほ)元年秘伝書天水抄」をさずけられる。慶安4年(1651)貞徳の命で貞門俳諧(はいかい)の集大成ともいうべき「崑山(こんざん)集」を編集した。延宝7年死去。91歳。初名は良徳。通称は九郎右衛門。号は謙頭庵,陀隣軒(庵),梨柿園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶏冠井令徳

没年:延宝7(1679)
生年:天正17?(1589)
江戸時代初期の俳人。名は九郎右衛門。初号良徳。京都の人。早くから俳諧に親しみ,貞門の第1選集『犬子集』(1633)への入集句数は,京都の作者では松永貞徳,松江重頼,野々口親重(立圃)に次いで第4位を占める。『鷹筑波集』(1642)では,日能に次いで第2位である。正保1(1644)年に俳諧秘伝書『天水抄』を授与され,慶安4(1651)年には貞門俳諧の集大成『崑山集』の編集を任されるなど,師貞徳の信頼が厚かった。作風は穏健で,代表句は「水色に染めてうるかや鮎のわた」など。貞門七俳仙のひとり。<参考文献>小高敏郎「鶏冠井令徳」(明治書院『俳句講座』2巻)

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏冠井令徳
かえでいりょうとく

[生]天正17(1589).京都
[没]延宝7(1679).京都
江戸時代初期の俳人。通称,九郎右衛門尉。初名,良徳。別号,陀隣軒,梨柿 (りし) 園。松永貞徳門の最古老で,貞徳から秘伝書『天水抄』 (1644) を許されたり,貞門の代表的撰集『崑山集』 (51) を撰したりしたが,作風は才気に乏しく時流に遅れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の鶏冠井令徳の言及

【令徳】より

…江戸前期の俳人。姓は鶏冠井(かえでい),通称は九郎右衛門,別号は良徳,陀隣軒,謙頭庵。京都の人。壮年期に貞徳に入門。貞門七俳仙の一人。貞徳の信頼篤く,1644年(正保1)《天水抄》の秘伝を受け,51年(慶安4)には貞門の大撰集《崑山(こんざん)集》の撰をゆだねられた。しかし才気に乏しく,貞徳没後主導権を貞室に奪われた。俳風は平凡である。〈稲妻の面影見てやよばひ星〉(《犬子集》)。【乾 裕幸】…

※「鶏冠井令徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶏冠井令徳の関連キーワード鶏冠井令富喜多村立似服部常春高滝以仙片桐良保富永燕石芳賀一晶藤谷貞兼清水春流奥西友三井口如貞湯川道儀岡田悦春友我

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android