コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高神覚昇 たかがみ かくしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高神覚昇 たかがみ-かくしょう

1894-1948 大正-昭和時代の僧,仏教学者。
明治27年10月28日生まれ。真言宗。大谷大で西田幾多郎に哲学・宗教学をまなぶ。大正12年母校智山勧学院の教授となり,大正大との合併で昭和19年同大教授。昭和9年ラジオ講座で般若心経を講義,また友松円諦(ともまつ-えんたい)と真理運動をおこすなど仏教の大衆化をはかった。昭和23年2月26日死去。55歳。愛知県出身。旧姓は斎藤。著作に「般若心経講義」「密教概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高神覚昇の関連キーワード高神 覚昇昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android