コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良仏教 ならぶっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良仏教
ならぶっきょう

奈良時代に行われた仏教の称で,南都仏教ともいう。伝来以来,推古天皇から三宝興隆の詔が下り,聖徳太子らの理解のもとに国家宗教の色彩濃く受入れられた仏教は,奈良時代になっていよいよ国政と不可分の関係を強めるにいたった。国分寺や国分尼寺の創設,東大寺大仏の建立などに象徴される鎮護国家,統一国家への祈念は,一方で唐僧鑑真らの授戒制度の確立や教学振興の実となって現れ,南都六宗の成立をみた。そして宮廷のみならず地方にも発展して神仏習合本地垂迹の思想を展開するようになった。しかし,道鏡に代表される崇仏政治の弊は,やがて平安時代の粛正にあう運命を宿していた。ただ,芸術の面では,飛鳥・白鳳の美に唐風を加えた豪華絢爛たる天平美術の特色を生み,建築に造像に各種の傑作を残している。また,宮廷行事に基づく諸種の民間習俗もこの時代に興って今日に伝わるものが多く,架橋,開拓,造池その他の社会事業が始められたこととともに奈良仏教の影響として高く評価されてよいであろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

奈良仏教【ならぶっきょう】

奈良時代の国家仏教をいう。国家鎮護の役割を担い,《金光明経》などの護国経典が尊重され,大規模な写経が行われた。これらの経典を安置し,国家安穏の祈願をする国分寺国分尼寺が各国に建立された。
→関連項目平安仏教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

奈良仏教の関連キーワード国分寺(歴史)大屋 徳城高神 覚昇大屋徳城仏教美術四箇法要天台宗僧尼令中宮寺寺院貞慶行基声明

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良仏教の関連情報