コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高辻修長 たかつじ おさなが

2件 の用語解説(高辻修長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高辻修長 たかつじ-おさなが

1840-1921 幕末-大正時代の公卿(くぎょう),華族。
天保(てんぽう)11年11月29日生まれ。明治元年従三位にすすみ,2年天皇の侍従となる。5年外遊中にアメリカ岩倉使節団の随行を命じられ,帰国後ふたたび侍従。のち東宮侍従長,宮中顧問官などを歴任した。子爵。大正10年6月20日死去。82歳。幼名は興麿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高辻修長

没年:大正10.6.20(1921)
生年:天保11.11.29(1840.12.22)
明治時代の華族(旧公家),子爵。京都生まれ。高辻以長と知子の子。高辻家はもともと菅原姓で,漢籍を扱う紀伝道の家。安政5(1858)年少納言に任じ,万延1(1860)年世襲の 文章博士となる。慶応2年(1866)年8月朝政改革・征長軍解兵の建言に加わり差控を命ぜられる。許されてのち,慶応3年6月より明治1(1868)年夏ごろまで明治天皇に漢籍を進講した。2年より17年まで侍従。この間岩倉遣外使節団にも随行した。17年6月明宮(のちの大正天皇)御用掛となり明宮の教育を担当。のち東宮亮,皇太后宮亮,東宮侍従長(30~35年),宮中顧問官等を歴任した。<参考文献>宮内庁『明治天皇紀』

(西川誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高辻修長の言及

【高辻家】より

…菅原姓の公家。菅原道真の男大学頭高視の後裔,大学頭是綱(1030‐1107)のときより高辻を家名とした。爾来子孫世襲したが,1580年(天正8)権大納言長雅が没した後,嗣子がなくいったん断絶した。しかし一門の五条為経の次男遂長が入って高辻家を相続し,その息長純の跡には同族の東坊城長維の次男豊長が継承した。公家としての家格は半家。代々大学頭,文章博士となり,将官,弁官を経て権大納言に昇った。江戸時代には家禄200石を給され,儒道,文筆を家業とした。…

※「高辻修長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高辻修長の関連キーワード藤波言忠旧華族公家華族新華族綾小路有良伊東祐帰園池実康錦織教久平松時厚室町公大

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone