コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速自動車国道法 こうそくじどうしゃこくどうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高速自動車国道法
こうそくじどうしゃこくどうほう

昭和32年法律79号。道路法上の道路である高速自動車国道に関して,道路法に定めるもののほか,路線指定,整備計画,管理構造保全などに関する事項を定めて高速自動車国道の整備をはかり,自動車交通の発達に寄与することを目的とする法律。この法律で高速自動車国道とは,自動車の高速交通の用に供する道路で,全国的な自動車交通の枢要部分を構成し,かつ政治,経済,文化上特に重要な地域を連絡するもの,その他国の利害に特に重大な関係を有するものをいう。路線の指定は政令で行ない,新設,維持などの管理は国土交通大臣が行なう。(→高速道路国土開発幹線自動車道建設法)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそくじどうしゃこくどう‐ほう〔カウソクジドウシヤコクダウハフ〕【高速自動車国道法】

高速自動車国道の路線の指定・整備計画・管理・構造・保全等について定めた法律。昭和32年(1957)制定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

高速自動車国道法の関連キーワード日本道路公団等の民営化に伴う道路関係法律の整備等に関する法律道路整備特別措置法往来妨害罪

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高速自動車国道法の関連情報