コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野百里 たかの ひゃくり

1件 の用語解説(高野百里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野百里 たかの-ひゃくり

1666-1727 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文6年生まれ。高野蘭亭の父。江戸の魚問屋。松尾芭蕉(ばしょう),服部嵐雪(らんせつ)に師事。宝永2年嵐雪一門の撰集に諸家の虱(しらみ)の句などをくわえて「銭竜賦(せんりょうのふ)」を編集。4年嵐雪の追悼集「風の上」を刊行した。享保(きょうほう)12年5月12日死去。62歳。名は勝春。字(あざな)は文館。通称は市兵衛。別号に雷堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高野百里の関連キーワード常行石井暮四今村朴元岡井黄陵木村順成霧波尾上志水延清住吉広保太兵衛北条氏如

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone