コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階為家 たかしなの ためいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階為家 たかしなの-ためいえ

1038-1106 平安時代中期-後期の官吏。
長暦(ちょうりゃく)2年生まれ。白河上皇近臣としてつかえる。播磨(はりま),近江(おうみ),越前(えちぜん),備中(びっちゅう)などの国司を40年余つとめ,財力をたくわえて,寺の造営などをおこなう。寛治7年大和興福寺衆徒の訴えで,一時土佐(高知県)に流された。嘉承(かじょう)元年11月17日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高階為家の言及

【高階為章】より

…平安後期の廷臣。備中守為家の長男。初め六位蔵人として白河天皇に近侍し,譲位後直ちに院司に補され,殊恩をもって越後守に任ぜられてからは,引き続き但馬,加賀,丹波など大国の守を歴任した。1093年(寛治7)加賀守在任中,父の近江守為家が興福寺衆徒の強訴により除名配流されたときも,為章は長男にもかかわらず特に縁坐をまぬがれ,四男の阿波守為遠が現任を停められたので,世人は専主の〈非常の断〉として驚嘆し,〈寵臣〉の名を高めた(《本朝世紀》)。…

※「高階為家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高階為家の関連キーワード高階為章官吏長暦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android