高階瓏仙(読み)たかしな ろうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「高階瓏仙」の解説

高階瓏仙 たかしな-ろうせん

1876-1968 明治-昭和時代の僧。
明治9年12月15日生まれ。曹洞(そうとう)宗。日置黙仙師事。曹洞宗大学教授,福岡県安国寺住持などをへて,総持寺,永平寺貫首となり,昭和19年曹洞宗管長。32年全日本仏教会会長。昭和43年1月19日死去。91歳。福岡県出身。曹洞宗大学林(現駒沢大)卒。道号玉堂。著作に「禅の要諦」「般若心経講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android