高階瓏仙(読み)たかしな ろうせん

  • 高階瓏仙 たかしな-ろうせん

美術人名辞典の解説

曹洞十八代管長。永平寺七十一世貫首。福岡県生。号は玉堂。出家して高階黙仙のに入る。曹洞宗大学教授。福岡県安国寺・静岡県可睡斎の住職となり、のち総持寺、永平寺に移り住む。全日本仏教会会長。昭和43年(1968)寂、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1876-1968 明治-昭和時代の僧。
明治9年12月15日生まれ。曹洞(そうとう)宗。日置黙仙師事。曹洞宗大学教授,福岡県安国寺住持などをへて,総持寺,永平寺の貫首となり,昭和19年曹洞宗管長。32年全日本仏教会会長。昭和43年1月19日死去。91歳。福岡県出身。曹洞宗大学林(現駒沢大)卒。道号は玉堂。著作に「要諦」「般若心経講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android