貫首(読み)カンジュ

デジタル大辞泉「貫首」の解説

かん‐じゅ〔クワン‐〕【貫首/貫主】

《「かんしゅ」とも。貫籍の上首の意から》
天台座主(ざす)の異称。のちに、各宗総本山や諸大寺の住持にも用いられる。貫長管主
かしらに立つ人。
「顔回は―の弟子にて」〈曽我・一一〉
蔵人頭(くろうどのとう)の異称。かんず。
「―以下(いげ)しみをなし」〈平家・一〉

かん‐ず〔クワン‐〕【貫首/貫主】

かんじゅ(貫首)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android