コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置黙仙 ひおき もくせん

4件 の用語解説(日置黙仙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

日置黙仙

曹洞宗第九代管長。永平寺六十六世貫首。勅号は明鑑道機禅師、号は維室。大正9年(1920)寂、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置黙仙 ひおき-もくせん

1847-1920 明治-大正時代の僧。
弘化(こうか)4年1月23日生まれ。曹洞(そうとう)宗。諸岳奕堂(もろたけ-えきどう)にまなび,笑巌黙中の法をつぐ。静岡県袋井の可睡斎(かすいさい)住職となる。明治33年シャム(現タイ)に仏舎利奉迎使節団員としていき,37年名古屋の日暹(にっせん)寺(現日泰寺)創建に参画。大正5年永平寺貫首,翌年曹洞宗管長。大正9年9月2日死去。74歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。号は維室。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日置黙仙

没年:大正9.9.2(1920)
生年:弘化4.1.23(1847.3.9)
江戸末から明治大正時代の曹洞宗の僧。号は維室。伯耆国久米郡島村(鳥取県北条町)の日置治吉の次男。俗名源之助。静岡可睡斎などの住職を歴任。暹羅(タイ)皇室より仏舎利を受け,供養のため名古屋に各宗共立の日暹寺(日泰寺,曹洞宗)を創建した。大正5(1916)年,永平寺第66世貫首,翌年,第9代曹洞宗管長となる。タイ国王戴冠式,サンフランシスコ万国仏教会議の出席をはじめ,インド,中国,朝鮮などを歴訪,広く世界に目を向けた仏教を理想とし,宗派を超えてその実践に努めた。<著作>『日置黙仙禅師語録』<参考文献>田中霊鑑『日置黙仙老師満漢巡錫録』,永平寺史編纂委員会編『永平寺史』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日置黙仙
ひおきもくせん
(1847―1920)

明治・大正期の曹洞(そうとう)宗の僧。号は維室(いしつ)、勅賜号は明鑑道機禅師(みょうかんどうきぜんじ)。伯耆(ほうき)(鳥取県)の人。中興寺の笑巌黙中(しょうがんもくちゅう)について得度、嗣法する。金沢・天徳院(てんとくいん)の諸嶽奕堂(もろたけえきどう)の下で修行し、西有穆山(にしありぼくさん)の親交を得、廃仏毀釈(きしゃく)後の宗団復興と仏教の国際交流に努める。1900年(明治33)シャム(タイ)国に仏骨奉迎使節、12年同国皇帝戴冠(たいかん)式に臨み、また中国、台湾、南方を歴訪、15年にはサンフランシスコの万国仏教徒大会に代表として参加した。中興寺、円通寺、可睡斎(かすいさい)を歴住し、名古屋に仏骨を収める各宗共通の日暹(にっせん)寺(のち日泰寺(にったいじ))を開創した。16年(大正5)永平寺66世の貫首(かんしゅ)となる。大正9年9月2日74歳で入寂。[櫻井秀雄]
『『日置黙仙禅師語録』(1942・可睡斎) ▽高階瓏仙編『日置黙仙禅師傳』(1962・大法輪閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日置黙仙の関連キーワード新井石禅石川素堂釈鼇仙玉山全英凸巌養益越溪休覚洞山良价丘宗潭大道長安山腰天鏡

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone