高麗若光(読み)こまの じゃくこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高麗若光 こまの-じゃくこう

?-748 飛鳥(あすか)-奈良時代の渡来人。
天武(てんむ)天皇のころ来日し,大宝(たいほう)3年王(きみ)の姓(かばね)をあたえられた。霊亀(れいき)2年武蔵(むさし)高麗郡(埼玉県)設置のとき高麗人の首領としてかかわった。天平(てんぴょう)20年死去。武蔵高麗氏の祖として高麗神社(入間郡日高町)にまつられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android