コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞山良价 とうざんりょうかいDong-shan Liangjie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞山良价
とうざんりょうかい
Dong-shan Liangjie

[生]元和2(807)
[没]咸通10(869)
中国,唐,筠州 (江西省) の僧。曹洞宗の開祖。幼にして出家し,南泉普願,潙山霊祐のもとに参学し,のちに雲巌曇晟に師事参究し,大悟した。洞山普利院で教化に励み,学徒数百人を擁すること常であったという。諡号は悟本大師。嗣法の弟子 26人中,曹山本寂は曹山に住して洞山の禅風を広め,曹洞宗をなした。著書に『宝鏡三昧』『玄中銘』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうざん‐りょうかい〔‐リヤウカイ〕【洞山良价】

[807~869]中国、唐代の僧。曹洞宗の祖。会稽浙江(せっこう)省)の人。洞山(江西省)普利院に住して教化に努めた。弟子の曹山本寂(そうざんほんじゃく)がその禅風を高揚したので、二人の名から曹洞宗の名称が出た。諡号(しごう)、悟本大師。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

洞山良价【とうざんりょうかい】

良价(りょうかい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞山良价
とうざんりょうかい
(807―869)

中国、唐代の禅僧。青原行思(せいげんぎょうし)下の4世雲巌曇晟(うんがんどんじょう)(780―841)の法嗣(はっし)(弟子)。諡号(しごう)は悟本大師(ごほんだいし)。俗姓は兪(ゆ)氏。会稽(かいけい)(浙江(せっこう)省)の人。幼時に出家し、五洩霊黙(ごせつれいもく)(748―818)に参じ、20歳で嵩山(すうざん)に登り具足戒を受ける。のち南泉普願(なんせんふがん)(748―834)、山霊祐(いさんれいゆう)に師事し、さらに雲巌山(湖南省)の曇晟に参じ、渡河のおり、水面に自分の影の写るを見て大悟し、その法を嗣(つ)いだ。その後、各地を歴遊し、会昌(かいしょう)の廃仏を箕(き)州(山西省)に避け、ついに洞山(江西省)に入って普利院を開いた。詩偈(しげ)に優れ、五位思想を確立する。門下に雲居道膺(うんごどうよう)(?―902)、曹山本寂(そうざんほんじゃく)(840―901)、疎山匡仁(そざんきょうにん)(837―909)など27人がいる。曹洞(そうとう)宗の名称は、曹渓と洞山、または曹山と洞山の連称からおこるとされている。著書に『宝鏡三昧歌(ほうきょうざんまいか)』『洞山語録』各1巻がある。咸通(かんつう)10年3月7日寂。[松田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の洞山良价の言及

【良价】より

…悟本大師。筠州(江西省)の洞山にいたことから,洞山良价とよばれる。姓は兪。…

※「洞山良价」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞山良价の関連キーワード瓦屋能光五家七宗道号禅宗雲居

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android