高麗雉(読み)こうらいきじ

精選版 日本国語大辞典「高麗雉」の解説

こうらい‐きじ カウライ‥【高麗雉】

〘名〙 キジ科。日本産のキジと別種とする説もあるが、ふつうは同種の亜種とされる。翼長約二四センチメートルで、日本産のキジよりやや大きい。尾が長く、羽色もキジに酷似するが、雄のくびに白輪があるので区別ができる。雌は褐色の地味な羽色をしている。アジア大陸に広く分布し、日本には古く朝鮮半島から対馬に輸入され、現在、北海道各地に放鳥されたものが留鳥として多数生息する。〔延宝八年合類節用集(1680)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高麗雉」の解説

こうらい‐きじ〔カウライ‐〕【高×雉】

キジ目キジ科の鳥。全長約80センチ。全体に褐色で、くびに白い輪がある。朝鮮半島の原産で、日本では北海道と対馬つしまに生息。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「高麗雉」の解説

高麗雉 (コウライキジ)

学名Phasianus colchicus karpowi
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android