鬼能(読み)おにのう

精選版 日本国語大辞典の解説

おに‐のう【鬼能】

〘名〙 能楽で、鬼、鬼神などをシテとしたもの。「大江山」「土蜘蛛(つちぐも)」「黒塚」「鵜飼」など演能の最後に行なう切能(きりのう)に属する。鬼事。鬼物。鬼畜物。鬼神物。
※舞正語磨(1658)下「鬼能は、達者までにて、飛めぐり、はねかへり、身をかろく足拍子おほくふめば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鬼能の言及

【鬼】より

…1349年(正平4∥貞和5),四条河原で行われた有名な桟敷崩れの田楽に,鬼の仮面を付けた者が登場していたことが《太平記》に,また《落書露顕》には,4匹の鬼が出る田楽能が行われたことが記されている。しかし,この鬼能がどのようなものであったかは明らかでない。能や狂言には,鬼物という分類項目があるほど鬼がシテを演じる演目が多い。…

※「鬼能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android