コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒塚 くろづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒塚
くろづか

(1) 能の曲名。五番目物。観世流では「安達原 (あだちがはら) 」と呼ぶ。作者未詳。祐慶ら山伏一行 (ワキ,ワキツレ,アイ) が,陸奥安達ヶ原で,とある庵に宿を借りる。その女主人 (前シテ) は,糸繰り技を見せ,浮世のはかなさを嘆く。夜がふけて寒さが増すと,女は留守の間に閨 (ねや) を見るなと言い残して裏山へ薪をとりに出かける (中入り) 。不審に思った能力 (アイ) が閨をのぞくと,人の死骸と白骨が累々と重なっている。そこで女主人が実は鬼女だと知り,一行は逃げ出す。山から帰った女は鬼女の姿となって (後シテ) 追い迫るが,山伏の法力に祈り伏せられる。前場は女の深い孤独と業,後場は『葵上』『道成寺』と同じく般若の面をつけた鬼女の恐ろしさを描く。浄瑠璃『奥州安達原』の原拠。 (2) 歌舞伎舞踊曲。長唄。 1939年 11月東京劇場で2世市川猿之助により初演。木村富子作詞,4世杵屋佐吉作曲,2世花柳寿輔振付。同名の謡曲 (1) を原拠とする。老女に化けて旅人を食う安達ヶ原の鬼女が,客僧阿闍梨祐慶に仏の道を説かれて後生を願うようになるが,人骨が山と重なる閨をのぞかれて憤怒の本性を現し,最後は法力により祈り伏せられるというもの。仏果を願う老女の晴ればれとした心境を表現した踊りと,鬼女の本性を現したのちの荒々しさとの対照が眼目。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろづか【黒塚】

福島県二本松市、阿武隈川東岸、安達(あだち)ヶ原古跡。鬼女伝説がある。
謡曲五番目物観世流では「安達ヶ原」。奥州安達ヶ原にすむ鬼女の家に山伏が投宿し、襲われるが祈り伏せる。
歌舞伎舞踊長唄。木村富子作詞、4世杵屋佐吉作曲。昭和14年(1939)東京劇場初演。によったもので、市川猿之助が選んだ得意の舞踊「猿翁十種」の一つに数えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒塚【くろづか】

能の曲目。安達原(あだちがはら)とも。五番目物。五流現行。安達原の一軒家で尽きぬ嘆きの糸車を繰る老女のところへ,山伏たちが宿を借りるが,約束を破って閨(ねや)の死体の山を見て驚き,逃げ出すと老女は鬼に変じてあとを追う。
→関連項目切能物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろづか【黒塚】

(1)能の曲名。観世流は《安達原(あだちがはら)》と称する。四・五番目物。作者不明。シテは鬼女。旅の山伏(ワキ)が陸奥の安達原で行き暮れ,荒野の一軒屋に宿を借りる。あるじの女(前ジテ)は,旅のなぐさみにもなろうと糸車を回して見せながら,あさましい身の上を嘆いたり(〈片グセ〉),気を変えて糸尽しの歌を歌ったりする(〈ロンギ〉)。夜が更けて寒さが増すと,女は薪を採って来ようと言い,留守中に寝屋(ねや)を見ないようにと念を押して山へ出かける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろづか【黒塚】

福島県二本松市の安達あだちヶ原にある古跡。鬼女伝説で有名。
能の一。「安達ヶ原」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黒塚の言及

【安達ヶ原】より

…安達ヶ原は歌枕として多くの歌に詠まれ,安達太良山南東麓の本宮盆地を指すとも言われる。この土地には古くから鬼が住むという伝説があり,たとえば平安後期成立の《拾遺和歌集》に,平兼盛の詠として〈みちのくの安達の原の黒塚に鬼こもれりときくはまことか〉の歌が入っている。この古伝説を踏まえて,謡曲の《安達原》(現在,観世流以外の流派では《黒塚》という)が生まれた。…

※「黒塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒塚の関連キーワード福原 百之助(5代目)福島県二本松市安達ヶ原花柳 寿輔(2代目)杵屋 佐吉(4代目)奈良県天理市柳本町杵屋佐吉(4世)杵屋佐吉(4代)花柳寿輔(2代)福島県二本松市般若(能面)能現行曲一覧三角縁神獣鏡黒塚(能)天理(市)花柳 寿応後藤 得三今藤 長之宝生 公恵柳本古墳群杵屋勝三郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒塚の関連情報