コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼頭景義 きとう かげよし

1件 の用語解説(鬼頭景義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭景義 きとう-かげよし

?-1676 江戸時代前期の開拓者。
尾張(おわり)愛知郡八田(はった)村に土着した戦国浪人の子孫。名古屋藩領の海東・海西・愛知・知多・春日井郡および美濃(みの)(岐阜県)安八(あんぱち)郡に27年間で石高2万2000石余の新田を開発。また萱津(かやづ)用水,木津(こっつ)用水をひらいた。延宝4年7月15日死去。通称は吉兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鬼頭景義の関連キーワード開拓者安藤兵九郎大高十郎左衛門喜多善左衛門白川伊右衛門須田官蔵(2代)砂村新左衛門田村清兵衛長井利兵衛古畑権兵衛

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone