コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚を得て筌を忘る ウオヲエテウエヲワスル

デジタル大辞泉の解説

魚(うお)を得て筌(うえ)を忘る

《「荘子」外物から》魚を得てしまうと、魚とりの道具である筌は不要になり忘れてしまうように、目的を達すると、それに役立ったものの功を忘れてしまうというたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うおをえてうけをわする【魚を得て筌を忘る】

〔荘子 外物
魚をとってしまえば、魚とりの道具のことは忘れてしまう。目的を達してしまうと、その手段となったものの功労を忘れてしまうというたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone