コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエ

デジタル大辞泉の解説

うえ〔うへ〕【×筌】

魚をとる道具を筒状または底のない徳利状に編んだもの。うけ

うけ【×筌】

うえ(筌)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うえ【筌】

うけ【筌】

細く割った竹を編んで筒形あるいは籠状に作り、水中に沈めて魚・エビなどをとる漁具。入ったら出られないように返しがついている。ど。せん。ふせご。たつべ。もんどり。うえやな。うえ。

せん【筌】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うけ

魚を誘い入れて漁獲する籠(かご)状の漁具(雑漁具)。おもに竹材を編んでつくった筒状のものが多いが、目的とする水産動物によって多少形状が異なる。合成樹脂製のものも多く使われている。おもにウナギ、フナなどの淡水の小魚を対象とし、それらの生息する場所に設置する。漁具の仕掛けは、入りやすく出にくい構造にしており、その中に餌(えさ)を入れて水中に沈め、獲物を誘い入れて捕獲する。地方により、モジリ、セン、ドウ、ツツ、カゴ、サガリ、モンドリ、モドリ、マンドウなどとよばれる。[吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【うけ(筌)】より

…捕獲対象の魚種によって大きさや形は多様であり,その名称も〈胴〉など地域によっていろいろであった。最も普遍的に使用された横筌について構造をみると,竹や樹枝などの細棒を縄や蔓などで編んで筒状にし,その一方を緊縛し他の一方に口を設け,そこから入った魚が脱出できないように漏斗状の〈かえし〉などを付けている。筌への魚族誘致の方法は,(1)強制ならびに迷入陥穽装置と連結せしめての誘導,(2)餌料などによる誘惑,(3)魚族の習性に応じてその好む状況を人工的に作っての誘致に分けられる。…

※「筌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筌の関連キーワード西村善五郎(5代)魚を得て筌を忘る長谷川嵐渓徐熙・徐煕加藤円斎牛島盛庸新井白蛾もんどり野村其梅荒木是水前野良沢佐藤東斎分部惟信林鳳池千利休秦竹探陰符経地獄網上り筌代替ふ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android