コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島尚信 さめじまひさのぶ

3件 の用語解説(鮫島尚信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮫島尚信
さめじまひさのぶ

[生]弘化3(1846).鹿児島
[没]1880.12.24. パリ
明治初期の外交官。薩摩藩士。通称は誠蔵。慶応1 (1865) 年,藩の留学生として渡欧。明治政府成立後は徴士。外国官権判事を経て明治3 (70) 年,少弁務使としてフランス在勤。 1873年,駐仏特命全権公使となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮫島尚信 さめしま-なおのぶ

1845-1880 明治時代の外交官。
弘化(こうか)2年3月10日生まれ。もと鹿児島藩士。イギリス留学後,慶応4年外国官権(ごんの)判事となる。のち少弁務使,外務大輔(たいふ)などを歴任。明治13年12月4日駐仏公使在任中,パリで客死。36歳。通称は誠蔵。変名は野田仲平

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鮫島尚信

没年:明治13.12.4(1880)
生年:弘化2.3.10(1845.4.16)
明治初期の外交官。父は薩摩(鹿児島)藩医鮫島淳愿。母は須摩。通称誠蔵。変名野田仲平。17歳で長崎に遊学,何礼之に英学を学ぶ。帰藩後,開成所訓導師。慶応1(1865)年英国に留学,ロンドン大学に入る。同3年に渡米,森有礼と共に宗教家トマス・レーク・ハリスの教団に加わったが,その勧めに従い明治1(1868)年6月帰国した。外国官権判事,東京府大参事を経て,同3年少弁務使としてフランスに在勤。同8年帰国し寺島宗則外務卿のもとで外務大輔を務め,同11年再び駐仏公使となる。在勤中の尚信に外交実務の基本を指導した英国人弁護士マーシャルは,その厳しい勉学態度に驚いたという。激務がたたり執務中に死去,モンパルナスの墓地に埋葬された。<参考文献>犬塚孝明『薩摩藩英国留学生』

(犬塚孝明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

鮫島尚信の関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone