鯉の滝登り(読み)こいのたきのぼり

精選版 日本国語大辞典「鯉の滝登り」の解説

こい【鯉】 の 滝登(たきのぼ)

① (「後漢書‐党錮伝・李膺」の「以声名自高、士有其容接者、名為登龍門」、およびその注の「三秦記曰、河津一名龍門、水険不通、魚鼈之属、莫上、江海大魚薄集龍門下数千、不上、上則為龍也」による語。黄河の急流にある龍門という滝を登ろうと、多くの魚が試みたが、わずかなものだけが登り、龍に化すことができたという故事から) 鯉が滝を登ること。
※虎寛本狂言・鬮罪人(室町末‐近世初)「山をこしらへまして、夫へ滝を落しまして、鯉の滝上りを致す所を致しませう」
② 人の栄達、立身出世のたとえ。→登龍門
※評判記・吉原人たばね(1680頃)ながと「なかとの君を、こいのたきのほりと出ぬれ共」
長方形木箱一面の図を描き、中央に一筋の穴をあけ、その穴から練物が上下するように仕掛けた玩具。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鯉の滝登り」の解説

こい‐の‐たきのぼり〔こひ‐〕【×鯉の滝登り】

鯉が滝をのぼること。また、勢いのよいことのたとえ。
黄河上流にある滝、竜門を登ることのできた鯉はになるという「後漢書」党錮伝の故事から》立身出世することのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典「鯉の滝登り」の解説

鯉の滝登り

鯉が滝を登ること。転じて、人の栄達、立身出世のたとえ。

[解説] 黄河の急流にある竜門という滝を登ろうと、多くの魚が試みたが、わずかな魚だけが登り、竜に化すことができたという言い伝えから、その魚を鯉と想定して言ったもの。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android