コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯔・鰡 ぼら

大辞林 第三版の解説

ぼら【鯔・鰡】

スズキ目の海魚。全長約70センチメートル。体はほぼ円筒形で、頭部は縦扁する。背面は灰青色で腹面は銀白色。出世魚で成長とともに呼称が変わり、オボコ・イナ・ボラ・トドなどの順に大きくなる。食用。釣りの対象魚。胃は肥厚してボラのへそと呼ばれ、また卵巣の塩漬けをからすみと称する。世界の温・熱帯の沿岸に広く分布し、汽水域や淡水域にも入る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鯔・鰡の関連キーワードからすみ塩漬け汽水域出世魚銀白色頭部熱帯背面へそ沿岸卵巣海魚腹面呼称食用

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android