コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メナダ メナダ Chelon haematocheilus

4件 の用語解説(メナダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メナダ
メナダ
Chelon haematocheilus

ボラ目ボラ科の魚。全長 70cm内外。体はやや細長く,背側が直線的で腹方がやや丸みをもってふくらむ。全体としてボラに似るが,眼に脂瞼(しけん)が未発達である点で区別され,ボラより冷水を好むという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メナダ

ボラ科の魚。地方名ミョウゲツ,シュクチなど。全長1mに達する。ボラに比べて頭がやや小さく,眼には脂瞼が発達しない。背面は青緑色,口唇はやや赤みを帯びる。日本各地の沿岸に分布し,北海道ではボラより多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メナダ【Liza haematocheila】

スズキ目ボラ科の汽水魚。ボラと似ているが眼が頭の先のほうへ寄り,脂瞼(しけん)が発達しない。口唇および眼が赤みを帯びるのでシクチ,シュクチ(大阪,和歌山,広島,岡山,熊本),スクチ(高知,和歌山),ヒクチ(広島),アカメ(石川,富山,八郎潟,男鹿,和歌山,佐賀,玄海,下関),メアカ(和歌山)などと呼ばれる。種小名のhaematocheilaは血色の唇のことで,英名もredlip mulletである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メナダ
めなだ / 目奈陀・赤目魚
redlip mullet
[学]Chelon haematocheilus

硬骨魚綱ボラ目ボラ科に属する海水魚。西日本ではシュクチ(朱口)、スクチ、全国的に幼魚または成魚をアカメ、和歌山県ではメアカとよぶ。また、ときにはボラと混称される。ボラに似ているが目の上に薄くて軟らかい膜が発達しないこと、上顎(じょうがく)の後端はカギ状に下方に曲がり、口角部よりも後方へ伸びること、相対的に体が細長いこと、唇はやや赤みを帯びること、大形で全長1メートルにもなることなどで区別される。
 ボラのように成長により呼び名が変わり、一年魚をコスリ、二~三年魚をトウブシ、それより老成魚をメナダという。北海道以南の日本各地、中国、朝鮮半島~沿海地方まで分布しているが、ボラよりも低温に強く、本州の南部よりも中部に多い。ボラと同じく内湾や入り江、河口などにいて、底の珪藻(けいそう)類やデトリタス(生物の破片、死骸(がい)、排泄(はいせつ)物などの粒状物およびそれらの分解物)を食べる。ボラが泥地にいるのに対し砂地を好む。ほとんど浅海域で生活し、ボラのように大きな回遊をしない。雌雄ともに満3歳、体長30センチメートル前後で成熟し、4~5月ごろに産卵する。孵化(ふか)仔魚(しぎょ)は全長2.5ミリメートル前後である。塩焼き、洗い、鍋物などにする。肉はボラより脂肪が多い。ボラと同様に成熟した卵巣からからすみをつくる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メナダの関連キーワード瘤鯛ラボラトリーランゲージラボラトリー糸巻法螺千歳法螺みそぼらし・い目奈陀ボラ(鯔)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone