コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰭崎英朋 ひれざき えいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鰭崎英朋 ひれざき-えいほう

1881-1968 明治-昭和時代前期の挿絵画家。
明治14年8月25日生まれ。右田年英(みぎた-としひで),川端玉章にまなび,明治34年鏑木(かぶらき)清方らと烏合(うごう)会を結成。美人画,相撲絵を得意とし,広津柳浪河内屋」,柳川(やながわ)春葉「生(な)さぬ仲」など新聞や雑誌,単行本の挿絵をかいた。昭和43年11月22日死去。87歳。東京出身。名は太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鰭崎英朋の関連キーワード鏑木清方神保朋世

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android