鰭袖・端袖(読み)はたそで

精選版 日本国語大辞典「鰭袖・端袖」の解説

はた‐そで【鰭袖・端袖】

〘名〙 衣服の部分の名称。袍(ほう)・狩衣(かりぎぬ)・直垂(ひたたれ)などの袖はゆきが長く一幅半に仕立てるので、袖付け部分の一幅の奥袖に対して、袖口の半幅の部分。⇔奥袖
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「わが御直衣よりは、色ふかしとみ給に、はた袖もなかりけり」
※源平盛衰記(14C前)二三「赤地錦直垂に、大頸・端袖(ハタソテ)は紺地の錦にてぞ裁たれたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android