鱸沼遺跡(読み)すずきぬまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

すずきぬまいせき【鱸沼遺跡】

宮城県角田市鱸沼の阿武隈川西岸,沖積地に突き出た比高10mほどの低丘陵上に立地する縄文時代から古墳時代にかけての遺跡。1969‐70年に調査が行われ,人面付土器をふくむ多数の弥生土器が出土した。これは太い沈線で区画された磨消縄文や工字文を特徴とし,東北地方では最も古い弥生土器で,大泉式とよばれる。しかも,この土器といっしょに収穫具である石庖丁と炭化米が発見されたため,この時期(弥生時代中期初頭)には東北地方南部で稲作農耕が行われていたことが実証された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android