独鈷石(読み)どっこいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独鈷石
どっこいし

縄文時代後・晩期磨製石器。一種の両頭石斧仏具独鈷に形が似ていて,両端が細くなり先が刃状になっているものや,とがっているものなどがある。中央部には柄がつけられるような部分がある。非実用的な性格が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どっこいし【独鈷石】

縄文時代後期・晩期の磨製石器。左右に鶴嘴つるはし)状の頭部をもち,中央2ヵ所に節状の突出部がある,一種の両頭石斧である。中央の節状突出部間に柄を付けて使用することも可能である。仏具の独鈷に形状が類似しているところから,独鈷石あるいは石鈷(せつこ)と呼ばれている。縄文時代後期前半には節状突出部がほとんどなく,中央部が抉(えぐ)られた形状を呈する硬質石材のものが多く,両頭部も石斧状をなすものもあって,実用品と考えることもできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とっこいし【独鈷石】

縄文後期・晩期の磨製石器。両頭の中央に柄を装着したくびれがあり、仏具の独鈷杵とつこしよと形が似る。石斧せきふとして、また呪術的な儀器として使われた。両頭石斧。雷鈷らいこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独鈷石
どっこいし

仏具の独鈷に形態が類似する磨製ないし敲打製(こうだせい)の石器。主として縄文時代晩期に発達するが、弥生(やよい)時代にも残存している。長さ10~20センチメートル内外で、両端はつるはし状、斧(おの)状、槌(つち)状を呈す。中央には二条の隆帯または幅広い溝が一周し、時期が下がると湾曲する例が多くなる。棒の先端に着装し族長権のシンボルとされたらしい。丹(に)塗りされた例もある。東北地方を中心に数百例みられる。[渡辺 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とっこ‐いし トクコ‥【独鈷石】

〘名〙 縄文時代後・晩期の磨製石器。仏具の独鈷に似ているところからの名称。中央部はえぐれ、両端は斧状、つるはし状を呈する。はじめは実用具であったが、しだいに儀礼具化したと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android