コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥井峠 とりいとうげ

2件 の用語解説(鳥井峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥井峠
とりいとうげ

新潟県阿賀町と福島県西会津町の境,旧会津街道にある峠。標高 272m。峠の名は飯豊山神社一の鳥居に由来。江戸時代阿賀野川沿いの津川河岸 (阿賀町) から陸揚げされた塩,塩魚などを会津に運ぶ中継地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥井峠
とりいとうげ

新潟県東蒲原(ひがしかんばら)郡阿賀(あが)町と福島県耶麻(やま)郡西会津町の境にある峠。標高280メートルで両県境峠ではもっとも低い峠道。旧若松街道(越後(えちご)街道)の通り道で、新潟側には八ツ田(やつだ)宿、会津側には宝川(ほうがわ)宿の麓(ふもと)宿場町がある。近世会津藩が西口として重視した、津川湊(つがわみなと)での川下げ蔵米や西入り塩、乾物などの陸継ぎ荷の通行で峠越えが栄えた。1884年(明治17)会津若松―津川間の県道が改修されてからは馬車通行が盛んとなり、八ツ田宿は馬子(まご)稼ぎ村としてにぎわった。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone