コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠房 とりい ただふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠房 とりい-ただふさ

1606-1637 江戸時代前期の武将。
慶長11年生まれ。鳥居成次(なりつぐ)の長男。寛永8年父の跡をついで甲斐(かい)(山梨県)谷村(やむら)城主となり,駿河(するが)(静岡県)府中藩主徳川忠長付家老(つけがろう)職もつぐ。9年忠長の改易(かいえき)事件にからんで領地を没収された。寛永14年7月14日死去。32歳。別名は成信。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居忠房の関連キーワードコーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱天文学史(年表)マストリリデカルトクアケルナックバリニャーノリバデネイラ徳川忠長クック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android