コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠房 とりい ただふさ

1件 の用語解説(鳥居忠房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠房 とりい-ただふさ

1606-1637 江戸時代前期の武将。
慶長11年生まれ。鳥居成次(なりつぐ)の長男。寛永8年父の跡をついで甲斐(かい)(山梨県)谷村(やむら)城主となり,駿河(するが)(静岡県)府中藩主徳川忠長の付家老(つけがろう)職もつぐ。9年忠長の改易(かいえき)事件にからんで領地を没収された。寛永14年7月14日死去。32歳。別名は成信。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居忠房の関連キーワード赤星内膳織田長孝蔭山貞広楠不伝高木甚左衛門高木広正内藤正成(2)丹羽氏定蜂須賀山城水谷勝俊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone