コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠房 とりい ただふさ

1件 の用語解説(鳥居忠房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠房 とりい-ただふさ

1606-1637 江戸時代前期の武将。
慶長11年生まれ。鳥居成次(なりつぐ)の長男。寛永8年父の跡をついで甲斐(かい)(山梨県)谷村(やむら)城主となり,駿河(するが)(静岡県)府中藩主徳川忠長の付家老(つけがろう)職もつぐ。9年忠長の改易(かいえき)事件にからんで領地を没収された。寛永14年7月14日死去。32歳。別名は成信。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居忠房の関連キーワードマストリリ徳川忠長クックジョンソンバヌアツ徳川忠長とお昌榊原康政二程全書認証保育所伏見版

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone