コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠英 とりい ただてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠英 とりい-ただてる

1665-1716 江戸時代前期-中期の大名。
寛文5年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩主であった父鳥居忠則(ただのり)の自害により所領を没収されたが,先祖の功で能登(のと)(石川県)下村(しもむら)に1万石をあたえられる。近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩をへて,正徳(しょうとく)2年下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩主鳥居家初代。3万石。正徳6年3月21日死去。52歳。初名は忠救(ただすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居忠英の関連キーワードかんぴょうユウガオ郷土料理壬生藩壬生城水口藩