鳥居忠英(読み)とりい ただてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠英 とりい-ただてる

1665-1716 江戸時代前期-中期の大名。
寛文5年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩主であった父鳥居忠則(ただのり)の自害により所領を没収されたが,先祖の功で能登(のと)(石川県)下村(しもむら)に1万石をあたえられる。近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩をへて,正徳(しょうとく)2年下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩主鳥居家初代。3万石。正徳6年3月21日死去。52歳。初名は忠救(ただすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android