コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清満(3代) とりい きよみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清満(3代) とりい-きよみつ

1833*-1892 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)3年12月14日生まれ。2代鳥居清満の長男。画法を父にまなび,清芳(きよよし)と号した。明治元年父の跡をついで3代清満を襲名,鳥居家6代となる。芝居の看板絵,番付絵をかいた。明治25年8月19日死去。61歳。江戸出身。通称は亀治,栄蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居清満(3代)の関連キーワードテニソンハーシェル岸沢式佐デーナ(James Dwight Dana)セントルイス・カージナルスマッケリーしし(獅子)座流星群クロスビースロイスフロラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android