コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清種(初代) とりい きよたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清種(初代) とりい-きよたね

1831-1890 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)2年生まれ。2代鳥居清満(きよみつ)(鳥居家5代清峰(きよみね))の門人。維新後,東京日本橋で絵草紙錦絵(にしきえ)問屋をひらく。守田座などの劇場の番付板元。また劇場の看板をかいた。明治23年11月18日死去。60歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居清種(初代)の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android