コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山新三郎 とりやま しんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山新三郎 とりやま-しんざぶろう

1819-1856 幕末の儒者。
文政2年2月2日生まれ。江戸で東条一堂儒学を,加藤環亀に兵学をまなぶ。京橋に塾をひらき吉田松陰らとまじわる。松陰が海外渡航に失敗し獄につながれた際,奉行所尋問をうけ,一時謹慎となる。安政3年7月29日死去。38歳。安房(あわ)(千葉県)出身。名は正清。字(あざな)は義所。号は確斎,蒼竜軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥山新三郎の関連キーワード鳥山確斎幕末儒者

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android