コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松陰/松影 マツカゲ

3件 の用語解説(松陰/松影の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつ‐かげ【松陰/松影】

松の木かげ。
松の木の水面などに映った姿。
「―の清き浜辺に玉敷かば君来まさむか清き浜辺に」〈・四二七一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松陰 しょういん

1436-1518 室町-戦国時代の僧。
永享8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺の住持をつとめ,晩年武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)増国寺を中興。岩松家の陣僧をつとめ,家純(いえずみ)以後4代や執事の横瀬家の事績をしるした「松陰私語」(「五十子記(いかつこのき)」)をのこした。永正(えいしょう)15年6月15日死去。83歳。号は真西堂松陰軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょういん【松陰】

吉田よしだ松陰

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone