コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥飼荘 とりかいのしょう

百科事典マイペディアの解説

鳥飼荘【とりかいのしょう】

淡路国三原郡にあった石清水(いわしみず)八幡宮領の荘園。兵庫県津名郡五色(ごしき)町南部(現・洲本市)に比定される。1185年の源頼朝下文案には鳥養荘とみえる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりかいのしょう【鳥飼荘】

淡路国三原郡(現,兵庫県津名郡五色町)の荘園。石清水八幡宮領で,1185年(文治1)同宮領淡路国鳥養荘として史料にみえる。現地の鳥飼別宮が領家か預所である。1223年(貞応2)の〈淡路国大田文〉によると,田数30町・畠・浦1所とある。承久の乱以前の下司は藤三守長だが,乱後地頭として佐野七郎入道が配置された。その後,1278年(弘安1)以前に鳥飼別宮と地頭佐野富綱とのあいだで行政上の争いがおこり,同年いったん和解したが,争いが再燃し87年鎌倉幕府の裁許をうけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鳥飼荘の関連キーワード五色[町]石清水兵庫津和与

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android