コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥高斎栄昌 ちょうこうさいえいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥高斎栄昌
ちょうこうさいえいしょう

江戸時代,寛政期 (1789~1801) 頃に活躍した浮世絵師。伝記未詳。号は鳥高斎,昌栄堂。細田栄之門人喜多川歌麿の影響も受ける。主要作品『廓中美人競 (くらべ) ,扇屋滝川』 (東京国立博物館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥高斎栄昌 ちょうこうさい-えいしょう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
江戸の人。鳥文斎栄之(えいし)の高弟で,寛政5-11年(1793-99)ごろに活躍。美人画,大首絵を得意とした。別号に昌栄堂。代表作に「郭中美人競」「当世美人合」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥高斎栄昌

生年:生没年不詳
江戸後期の浮世絵師。別号に昌栄堂が知られる。鳥文斎栄之の高弟で,寛政5,6(1793,94)年ごろに画壇にデビューしたものとみられ,錦絵の作がある。全作画期は寛政(1789~1801)中・後期に絞られ,わずか10年にも満たないが,この短期間に,錦絵の美人画や黄表紙挿絵を手懸けている。特に錦絵は師風を踏襲した女性の全身像や群像表現に取り組み,また歌麿作品を髣髴とさせる大首絵なども,かなりの量を制作,発表している。栄之の門下に集った弟子はいずれも作画期が短く,また寡作だが,その筆頭である栄昌は比較的旺盛な作画量をこなしている点で特筆される。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鳥高斎栄昌の関連キーワードフランス革命曲芸喜多川歌麿細田栄之鳥文斎栄之ベルサイユルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)北風六右衛門振鷺亭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android