鳩ぽっぽ(読み)ハトポッポ

大辞林 第三版の解説

はとぽっぽ【鳩ぽっぽ】

〔幼児語。「ぽっぽ」は鳴き声〕
ハト。
童謡。1901年(明治34)作。作詞東くめ。作曲滝廉太郎。くめの夫東甚吉(当時東京女高師教授)の提唱で作られた、我が国最初の口語の童謡。後、改作されて文部省唱歌となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android