鳩ぽっぽ(読み)ハトポッポ

大辞林 第三版の解説

はとぽっぽ【鳩ぽっぽ】

〔幼児語。「ぽっぽ」は鳴き声〕
ハト。
童謡。1901年(明治34)作。作詞東くめ。作曲滝廉太郎。くめの夫東甚吉(当時東京女高師教授)の提唱で作られた、我が国最初の口語の童謡。後、改作されて文部省唱歌となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android