コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩ぽっぽ ハトポッポ

デジタル大辞泉の解説

はと‐ぽっぽ【×鳩ぽっぽ】

をいう幼児語
[補説]作品名別項。→鳩ぽっぽ

はとぽっぽ【鳩ぽっぽ】[曲名]

唱歌。明治34年(1901)発表。東くめ作詞、滝廉太郎作曲。東くめが浅草寺ハトに豆をやる子供たちの様子を見て着想を得た作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はとぽっぽ【鳩ぽっぽ】

〔幼児語。「ぽっぽ」は鳴き声〕
ハト。
童謡。1901年(明治34)作。作詞東くめ。作曲滝廉太郎。くめの夫東甚吉(当時東京女高師教授)の提唱で作られた、我が国最初の口語の童謡。後、改作されて文部省唱歌となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳩ぽっぽの関連キーワード文部省唱歌滝 廉太郎ぽっぽ補説口語童謡提唱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳩ぽっぽの関連情報