鳳尾(読み)ほうび

精選版 日本国語大辞典「鳳尾」の解説

ほう‐び【鳳尾】

〘名〙
① 鳳凰の。また、鳳凰の尾のような形をしたもの。
② 植物「ばしょう(芭蕉)」をたとえていう。
※俳諧・蕉翁文集(1699‐1709頃)移芭蕉詞「風は鳳尾をうごかし、雨は青龍の耳をうがって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「鳳尾」の解説

【鳳尾】ほうび

鳳の尾。また、簽(せんしよ)の字の末筆を長く引いて書くを、鳳尾という。〔南史、、江夏王鋒伝〕年五、鳳尾を學ばしむ。一たび學びて(すなは)ち工(たく)みなり。高大いにび、玉騏を以て之れに賜ふ。曰く、騏もて鳳尾を賞すと。

字通「鳳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報