コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴海要吉 なるみ ようきち

1件 の用語解説(鳴海要吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴海要吉 なるみ-ようきち

1883-1959 明治-昭和時代の歌人。
明治16年7月9日生まれ。38年上京し,田山花袋(かたい)の書生となる。のち青森師範第二講習所にまなび,郷里の青森県で一時小学校教員をつとめる。42年口語短歌「半島の旅情」を発表,大正15年口語歌誌「新緑」を創刊した。昭和34年12月17日死去。76歳。号は帆羊,漂羊,うらぶる,浦春。歌集に「やさしい空」「歌を作る人」など。
【格言など】あきらめの旅ではあった 磯の端末(さき)の 白い灯台に 日が映して居た(「やさしい空」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳴海要吉の関連キーワード岩淵百合子岡千里小口みち子関橋守高安やす子谷邦夫中島哀浪西出うつ木三井甲之山川柳子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴海要吉の関連情報