コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴海要吉 なるみ ようきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴海要吉 なるみ-ようきち

1883-1959 明治-昭和時代の歌人。
明治16年7月9日生まれ。38年上京し,田山花袋(かたい)の書生となる。のち青森師範第二講習所にまなび,郷里の青森県で一時小学校教員をつとめる。42年口語短歌「半島の旅情」を発表,大正15年口語歌誌「新緑」を創刊した。昭和34年12月17日死去。76歳。号は帆羊,漂羊,うらぶる,浦春。歌集に「やさしい空」「歌を作る人」など。
【格言など】あきらめの旅ではあった 磯の端末(さき)の 白い灯台に 日が映して居た(「やさしい空」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳴海要吉の関連キーワードチベット問題アルマン条約電気事業ルナ恐怖映画フィルムは生きているヌジョマ安保闘争VIVOウィンチェスター

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴海要吉の関連情報