鵜呑(読み)うのみ

精選版 日本国語大辞典「鵜呑」の解説

う‐のみ【鵜呑】

〘名〙 (が魚を丸呑みにするところからいう。多く「鵜呑みにする」の形で用いる)
食物をかまないで呑みこんでしまうこと。まるのみ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「お鍋は一とかたけ頬張った飯を鵜呑にして」
物事を十分に理解、判断しないで、そのままとり入れてしまうこと。
※政談(1727頃)一「公儀を鵜呑にして、上を恐るる、心も薄く」

うん‐のみ【鵜呑】

〘名〙 「うのみ(鵜呑)」の変化した語。
※日葡辞書(1603‐04)「Vnnomini(ウンノミニ) スル」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android