コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜殿団次郎 うどの だんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜殿団次郎 うどの-だんじろう

1831-1869* 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。東条英庵,手塚律蔵洋学をまなぶ。数学,航海術などに通じ,文久2年幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授。慶応3年目付となり,鳥羽・伏見の戦いののち勝海舟とともに恭順論をとなえた。明治元年12月9日死去。38歳。名は長養。号は春風。著作に「万国奇観」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鵜殿団次郎の関連キーワード鵜殿春風天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android