コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜殿団次郎 うどの だんじろう

1件 の用語解説(鵜殿団次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜殿団次郎 うどの-だんじろう

1831-1869* 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。東条英庵,手塚律蔵に洋学をまなぶ。数学,航海術などに通じ,文久2年幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授。慶応3年目付となり,鳥羽・伏見の戦いののち勝海舟とともに恭順論をとなえた。明治元年12月9日死去。38歳。名は長養。号は春風。著作に「万国奇観」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鵜殿団次郎の関連キーワード阿部宗兵衛安藤杢之進池上光則大石甚吉小寺嘉兵衛杉山市太夫高杉左膳水野徳三郎村山与右衛門森下儀之助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone