コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶉斑 ウズラフ

デジタル大辞泉の解説

うずら‐ふ〔うづら‐〕【×斑】

茶色に黒白の斑紋のある文様。
陶器で、鉄質の黒釉(くろぐすり)が局部的に酸化し、赤褐色で表れた小斑。→鶉手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うずらふ【鶉斑】

鶉の羽のように、茶褐色に白と黒の斑点の入った模様。
羽にの入っている鷹。
黒釉の地に柿色の小斑の入った陶器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鶉斑の関連キーワード茶褐色赤褐色陶器斑点柿色