コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏痘 けいとう fowl pox

1件 の用語解説(鶏痘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいとう【鶏痘 fowl pox】

ニワトリの病気。ニワトリの疱瘡(ほうそう)とも呼ばれる急性の伝染病で,皮膚や粘膜に特徴的な発痘が起こる。病原体はポックスウイルス科PoxviridaeのAvipoxvirus属に属するウイルスである。本病は養鶏が行われている所では今なお広範囲に常在し,ワクチンの普及で被害は減少しているが根絶してはいない。初めは皮膚や粘膜に灰白色の硬い丘疹が現れる。発痘は感染後4~6日でアワ粒大~米粒大となる。最盛期にはアズキ大にも達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶏痘の関連キーワード鳥の子庭つ鳥鶏鉾疱瘡絵松皮疱瘡鶏子鶏聟セレン欠乏症ニワトリ黒柏鶏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone