鶏痘(読み)けいとう(英語表記)fowl pox

世界大百科事典 第2版の解説

けいとう【鶏痘 fowl pox】

ニワトリの病気。ニワトリの疱瘡(ほうそう)とも呼ばれる急性伝染病で,皮膚や粘膜に特徴的な発痘が起こる。病原体はポックスウイルス科PoxviridaeのAvipoxvirus属に属するウイルスである。本病は養鶏が行われている所では今なお広範囲に常在し,ワクチン普及で被害は減少しているが根絶してはいない。初めは皮膚や粘膜に灰白色の硬い丘疹が現れる。発痘は感染後4~6日でアワ粒大~米粒大となる。最盛期にはアズキ大にも達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android