コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯笛 ウグイスブエ

デジタル大辞泉の解説

うぐいす‐ぶえ〔うぐひす‐〕【×鶯笛】

の鳴き声に似た音を出す玩具の。主に竹製。初音(はつね)の笛。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯笛
うぐいすぶえ

短い青竹の管でつくった笛で、管の上に同じ青竹でつくった小さなウグイスをつけたものもある。指で管の両端を押さえ、その指の頭で風口の開き加減を調節しながら吹いて、ウグイスの鳴き声に似た音色を出す。古くからあった笛で、最初はウグイスの鳴き合わせの訓練用に用いられたが、のち、その形や音色の愛らしさから、子供用の玩具(がんぐ)として愛用されるようになり、梅の花の盛り時分には諸所の梅林で売られるようになった。俳諧(はいかい)では春の季語で、『犬子(えのこ)集』(1633刊)に「けふははや鶯笛もねの日かな」とある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶯笛の関連キーワード日本のおもな郷土玩具江都二色随流