鶴嘴(読み)つるはし

精選版 日本国語大辞典「鶴嘴」の解説

つる‐はし【鶴嘴】

〘名〙 (「つるばし」とも) 堅い地面などを掘り起こす道具。鉄製で両先端がくちばしのように細くとがり、中央部に柄のついたもの。つるのはし。つるっぱし。つる。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「鶴嘴」の解説

鶴嘴【つるはし】

固い地盤,砂礫(されき),木の根等を掘り起こすのに使用する土工用具。鋼製で細長く両端がとがり,ツルの(くちばし)に似ている。カシ等の堅木の柄をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「鶴嘴」の解説

つる‐はし【鶴×嘴】

堅い土を掘り起こすときなどに用いる鉄製の工具。鶴のくちばしのように両先端をとがらせ、木の柄をつけたもの。つるのはし。
[類語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鶴嘴」の解説

つるはし【鶴嘴 pick】

固い地盤や砂れきなどを掘り起こすのに用いられる土工用具。両端あるいは一端を細長くとがらせた鉄や鋼を木の柄につけたもの。その形が鶴のくちばし(嘴)に似ていることからこの名がある。古くは鶴のはしの名も見られ,農具としても利用されていた。【室 達朗】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android