コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡放生会職人歌合 つるがおかほうじょうえしょくにんうたあわせ

世界大百科事典 第2版の解説

つるがおかほうじょうえしょくにんうたあわせ【鶴岡放生会職人歌合】

中世の職人歌合の一。8月15日,鶴岡八幡宮における放生会での歌合という設定。先行する《東北院職人歌合》を意識し,その形式をうけついで月・恋の題で24種の職人が登場。しかし《東北院職人歌合》に比すると,職種では宿曜師が《東北院》における陰陽師に重なるのみで鶴岡社に関係の深いものが多い。判者には八幡宮の神主をあて,判詞は漢文調を帯び,《和漢朗詠集》の影響がある。現存の最古本である絵巻(1巻)は,室町中期ころの作と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴岡放生会職人歌合の関連キーワード七十一番職人歌合三十二番職人歌合

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android