コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職人歌合 しょくにんうたあわせ

大辞林 第三版の解説

しょくにんうたあわせ【職人歌合】

歌合の一。さまざまな職人の立場でよんだ歌を歌合形式にしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

職人歌合【しょくにんうたあわせ】

さまざまな職能民が左方・右方に分かれて和歌を詠むという形をとる仮託の歌合で,絵を伴う。中世のものに,13世紀から15世紀にかけて成立した《東北院歌合》5本,同12番本をはじめ,《鶴岡放生会歌合》《三十二番歌合》《七十一番歌合》の4種5作品がある。
→関連項目千秋万歳道々の者

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくにんうたあわせ【職人歌合】

中世につくられ流行をみた歌合の一種で,〈職人歌合絵草子〉,〈職人歌合絵〉とも呼ばれた。もとのかたちは絵巻。おりから台頭しつつあった職人に仮託した歌合を,佐竹家本,上畳(あげたたみ)本の《三十六歌仙絵巻》の似絵(にせえ)の描法・構図をかりて構成してある。成立順に,(1)《東北院職人歌合》,(2)《鶴岡放生会(つるがおかほうじようえ)職人歌合》,(3)《三十二番職人歌合》,(4)《七十一番職人歌合》の4種がある((1)(2)(3)は複製がある)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

職人歌合の関連キーワード鶴岡放生会職人歌合針孔・針眼差し合はせ職人尽し絵綺殿・城殿打ち出で摺り形木石原正明ぼろぼろ職人尽絵地黄煎売息の緒絵解き虚無僧辻が花職人尽競馬組揺ぶる立ち君播磨鍋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android