コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田皓 つるた あきら

2件 の用語解説(鶴田皓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田皓 つるた-あきら

1836*-1888 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)6年12月26日生まれ。江木鰐水(がくすい),木下犀譚(さいたん)らにまなぶ。維新後,大学校から刑部省(のち司法省)にはいり,新律綱領など刑法の制定にあたる。元老院議官。明治21年4月11日死去。54歳。肥前多久(佐賀県)出身。字(あざな)は玄縞。通称は弥太郎。号は斗南。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴田皓

没年:明治21.4.15(1888)
生年:天保6.12.26(1836.2.12)
明治初期の法制官僚。佐賀藩の出身。号は斗南。昌平黌で安積艮斎に学び,また木下犀潭の下で唐律,明律,清律などの中国法を研究。明治2(1869)年大学少助教,3年刑部大録として「新律綱領」(1870)の編纂に当たる。5年明法助として「改定律令」を編纂。同年10月井上毅らと共にフランスに派遣され,ボアソナードの講義を聴講したが,語学力なく,よくわからなかったらしい。6年以後も諸法律職,司法職を歴任し,元老院議官として「国憲按」の起草に参加。14年大審院検察長。18年元老院議官。陸軍刑法,海軍刑法,旧商法など多くの法案の起草にも参加した。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴田皓の関連キーワード議官佐賀錦黒崎定三高木英次郎多久安順谷口清八鍋島治茂久富与次兵衛森山鋭一本家アカカベ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone